顔の髭の永久脱毛をして後悔しないために知っておくべき10個のこと

脱毛ライフ

毎日毎日同じように髭を剃るのって、大変ですよね。

髭剃りは大変な割に、良いことは全くありません。伸びれば清潔感に欠けるし、剃れば肌へのダメージが蓄積されてしまいます。

そこで、最近では髭の永久脱毛をする男性が増えてきています。

永久脱毛といえば『医療レーザー脱毛』と『針脱毛』が一般的ですが、前者の医療レーザー脱毛の方が圧倒的に人気があります。

あなたがもしも、医療レーザー脱毛や針脱毛をお考えであれば、後悔しないためにも10個のことを知っておくことは非常に大切です。是非とも最後までご覧いただけたらと思います。

【1】男性の永久脱毛人口は5年間で11.3倍に急増している

脱毛人口増加しています
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000020081.html

脱毛と聞けば、『女性がやるもので男性がやるのは恥ずかしい』というのが昔ながらの考え方です。

ただ、現在は男女の美意識が急激に高まっている影響で、脱毛する男性が急激に増えてきています。脱毛がエチケットの1つと考えている人もいらっしゃるようです。

あなたが髭を剃る理由が、『無い方が良いから』というならば、脱毛を検討してみるのも良いでしょう。無い方が良い髭をわざわざ生やしておく必要なんて無いですからね。

【2】完全脱毛ではなく、減らす方向で考える事も大切

医療レーザー脱毛は、照射回数によって髭の濃さを調節する事が可能になります。

ですので、脱毛をすれば毛が無くなると恐れる必要は全く無いという事です。

サロンに行って、「完全にツルツルは嫌だ」ということを正直に伝えれば、あなたが望む髭の濃さになるように照射回数を提案してくれます。

【3】部分的に永久脱毛する事も可能

例えば、顎髭のみを残したいとか、鼻下や口周りのみ脱毛したいとか、人によって脱毛事情は全く異なってきます。

このように、部分的な脱毛がお望みであれば、サロンスタッフに聞けば良い条件になるような提案をしてくれますので安心してください。

悩んでも何も変わらないので、先ずはサロンに足を運ぶ事から始める事が大切です。

【4】髭が白くなる前に永久脱毛する事が大切

医療レーザー脱毛は、黒色に反応してレーザー照射を行います。ですので、髭が白くなってしまえば医療レーザー脱毛を行うことは出来ませんので注意が必要です。

脱毛するなら早い方が良いと言われる理由の1つですね。

もしも、髭が白くなった後に脱毛するのであれば、針脱毛で1本1本時間をかけながら脱毛する必要があります。脱毛可能でも、時間も根気も必要になってしまいます。

将来を考えて40代で脱毛をする人が多いのは、こういう理由なのかもしれません。

【5】髭の永久脱毛コストは10万円程度

髭だけを脱毛するのであれば、10万円程度が一般的です。

髭剃りに比べたら高額ですが、毎朝少しでも楽をすることを考えたら非常に価値ある選択だと思います。

もちろん、見た目の印象も若々しくなりますので、鏡で見た自分の姿に驚くことでしょう。

長年お付き合いした髭にサヨナラを告げるのは寂しいかもしれませんが、見た目が良くなれば自信につながり、活力が湧いてくることでしょう。

【6】永久脱毛の一回の施術時間は15〜30 分程度

時間が長いと、通うのにも抵抗があると思います。

でも安心してください。1回の施術時間は15〜30分程度の短時間で終了しますので、仕事帰りでも休日にでもフラッと脱毛する事が可能になります。

医療レーザー脱毛は、照射部分が軽い火傷のように赤みを帯びる事がありますが、医師が正しい処方をしてくれるので安心です。

【7】医療レーザーの永久脱毛は、正直痛い

正直にいうと、痛いです。でも、痛いということは『毛根を破壊している』ということです。治療自体は、輪ゴムで顔をパチンと弾いたようなイメージです。

痛いですが、短期間で施術が終了するというメリットはあります。

どうしても痛いのがダメな場合は、サロンスタッフに言って痛み止めを処方してもらいましょう。痛み止めは男として恥ずかしいとか思う必要は全くありません。

普通に痛み止めの薬を塗る人も結構多いらしいので安心してください。

それでも痛いのが嫌な場合は、針脱毛の方が痛みが弱いのでおすすめです。医療レーザー脱毛に比べて効果は弱いですが、繰り返す事で医療レーザー脱毛同等の脱毛効果は期待できます。

【8】永久脱毛でも今日の明日でツルツルにはならない

顔の髭脱毛の場合は、約2ヶ月に1回の周期で5〜6回程度通う必要があります。

ですので、脱毛完了までに1年間くらいのスパンで考える必要があります。1年スパンと言えば長期的に感じるかもしれませんが、1回30分×5〜6回と考えれば非常に短く感じると思います。

毛周期に合わせて脱毛を実施していくので、今日の明日でツルツルは不可能という事だけでも頭に入れておきましょう。

ちなみに、針脱毛の場合は4年間で400時間は必要と言われています。そう考えれば圧倒的に医療レーザー脱毛が人気なのも頷けます。

【9】永久脱毛といっても永久に毛が生えないとは限らない

驚くかもしれませんが、日本には『永久脱毛』の定義がありません。そういう理由もあり、そこら中で永久脱毛という言葉が好き勝手使われています。

ちなみに、FDA(アメリカ食品医薬品局) では、『脱毛施術後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること』と定義されています。

これも結構曖昧ですが、要は永久脱毛をしても未来永劫に毛が生えないという事はありません。体に新陳代謝がある限りは、新しい毛が生えてきても何ら不思議は無いという事です。

とは言え、医療レーザー脱毛をすれば長期的な脱毛が可能ですので清々しい気分になるでしょう。

【10】医療レーザーで永久脱毛をした人で後悔する人はほぼいない

医療レーザー脱毛をすれば、確実に髭が薄くなっていきます。通えば通うほど髭が薄くなるのが実感できるので、通うことに楽しみを覚える人が多いです。

間違っても今より髭が濃くなる事はありませんので、医療レーザー脱毛をして後悔する人はほぼいません。ただ、施術にお金は必要ですので、財布と相談して無理しない範囲で脱毛する事が大切です。

まとめ

大半の男性は、当たり前のように何も考えずに毎日髭を剃ります。でも、剃れば剃るほど肌へのダメージは蓄積してしまいます。

そこで、髭を撲滅するために脱毛を選ぶ人も多いですが、前提知識をしっかりと持っておかないと思いと違って後悔してしまう可能性もあります。

本記事で永久脱毛に関するしい知識を身につけて、あなたに合った脱毛方法を選んで頂ければ幸いです。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

コメント

  1. […] ただ、脱毛にも種類が沢山ありますので、なんとなくで選んではダメです。『髭の永久脱毛をして後悔しないために知っておくべき10個のこと』を読んで正しい知識を知っておく事が大切です。 […]

  2. […] →顔の髭の永久脱毛をして後悔しないために知っておくべき10個のこと […]

タイトルとURLをコピーしました