お腹が空いて眠れない!夜食を食べるメリットとデメリットを徹底比較

快眠アイテム

「お腹が空いて眠れないよぉ。助けて、アンパンマン!」

という眠れない夜を過ごした事がある人も少なくないでしょう。僕自身も、幾度となく空腹で眠れなかった経験があります。

その都度、「夜食を食べよう!でも、この時間に食べたら体に悪い」という葛藤がありました。でも、この記事を読んだら、この葛藤が全くの無意味だという事がわかります。

どんな時でも快適に眠りにつくためにも、是非とも参考にして頂けたらと思います。

【結論】お腹が空いて眠れない時は食べれば良い

いきなり結論から紹介しますが、空腹で眠れないくらいなら迷わず食べるのが良いです。

というのも、空腹で眠れないストレスが最も体に悪いです。人間はストレスを抱えると、交感神経が刺激されて覚醒し、余計に眠りにくくなってしまいます。

眠れないことが一番の不健康ですので、夜食を食べて歯磨きをして眠りにつくのが最良の選択です。

お腹が空いたら何を食べても良いんですか?

お腹が空いて眠れない場合は夜食を食べても大丈夫ですが、カップラーメンなどは絶対に食べないようにしましょう。

深夜にカップラーメンを食べる背徳感は最高かもしれませんが、カップラーメンなどの加工食品は消化に悪く、寝ている時に胃腸に負担をかけてしまいます。

その結果、睡眠の質が悪くなり体調不良の原因になる可能性があります。

結局何を食べたら良いんですか?

夜食として食べるものは、栄養価があって消化に良いものです。

そのような観点で考えると、おすすめなのは以下になります。

  • 果物
  • ヨーグルト
  • 野菜ジュール
  • 少量のナッツ類

ただ、眠れない時のために果物を常備することは出来ないと思います。

そこで、100%の野菜ジュースやナッツなどを常備しておくと良いでしょう。どうしても眠れない時に空腹を満たしてくれる事でしょう。

お腹が空いて眠れない時に食べる3つのメリット

先にもお伝えした通り、お腹が空いて眠れない時は迷わず食べるようにしましょう。

こちらについてのメリットを解説させて頂きます。

【1】短時間で気持ち良く眠る事ができる

お腹が空いた状態で眠りにつくのは大変です。目を瞑れば食べ物のことを考えてしまう事でしょう。そして、食べようか食べまいかという心の葛藤が始まります。

「我慢我慢、でもお腹すいた・・・」このようなストレスを抱くのであれば、食べることによってストレス解消に繫がります。

そして、空腹が満たされると人は眠たくなるものです。もちろん、お腹一杯食べるのは良くありませんが、満たされると安心して眠りやすくなるものです。

【2】空腹で目が覚めることが無くなる

多くの研究で証明されていますが、人は起きていても眠っていても代謝に大きな変化はありません。眠っていても体はエネルギーを使っているのです。

という事は、栄養不足状態で眠ってしまえば、睡眠時にエネルギー切れを起こして目が覚めてしまう可能性があります。

当然睡眠の質が悪く、翌日は辛い1日のスタートかもしれません。

睡眠前に栄養摂取することで、眠っている時にエネルギー切れを起こす事がなくなります。

【3】実は寝る前に食べても太らない

女性であれば、太るという理由で意地でも夜食を食べない人も多いと思います。

でも、実は夜食を食べたら太るという研究者と、夜食を食べても太らないという研究者がおり、現時点で太るという結論に至っていません。

個人的見解では、太らないと思っています。

というのも、空腹状態で寝ると翌日の朝食量が増えますよね。夜食べるか朝食べるかの違いです。なので、空腹で眠れないストレスでホルモンバランスが乱れた方が、太りやすい体質になると考えています。

お腹が空いて眠れない時に食べる4つのデメリット

お腹が空いた時に食べるという行為は、一長一短です。

ここではデメリットの観点で見ていきましょう。

【1】消化に悪いものを食べたら翌日辛い

お腹が空いた状態では、カップラーメンなどの味の濃いものをガッツリ食べたい気持ちになると思います。この気持ちは非常に良く分かります。

ただ、消化に悪いものを食べてしまえば、消化吸収にエネルギーを使ってしまいます。つまり、本来回復に使うべきエネルギーが消化吸収に使われてしまうのです。

睡眠の質が著しく下がり、翌日後悔する事でしょう。

【2】欲望に負けて食べ過ぎてしまう

「ちょっとだけ」と思って食べてしまうと、勢いがついて食べ過ぎてしまう事って無いですか?

夜食で食べ過ぎてしまうと、消化吸収にエネルギーを使ってしまい睡眠の質を下げてしまいます。ですので、間違っても袋菓子などは開けないようにしましょう。

最初から食べる量を決めて、くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう。

【3】歯を磨く必要がある

夜食を食べた後に歯磨きをせずに眠ると、当然ですが虫歯の原因です。

歯磨き後に何かを食べたら、もう一度歯磨きをするようにしましょう。歯磨きが面倒な場合は夜食を食べないという選択も良いかもしれません。

【4】夜食を食べるのが習慣化される可能性

夜眠る前は、極力食べない方が良いです。ですので、お腹が空いて眠れない時だけにするようにしましょう。

夜食が習慣化されてしまえば、余計な出費にも繋がるしエスカレートすれば、食べずには眠れないようになる可能性もあります。

どうしてもお腹が空いて眠れない時の最終兵器という考えを確立しておきましょう。

まとめ

お腹が空いて眠れない状態は、非常にストレスが溜まります。「でも、こんな時間に夜食を食べるなんて・・・」と考える人も多いと思います。

でも、空腹で満たされないストレスを抱えながら眠るくらいなら、食べて眠った方が圧倒的にメリットが大きいです。

ストレスを溜め込むのは健全ではありませんので、ストレスを排除する習慣を身につける事が大切です。空腹以外にも、眠れない原因は様々ですし、心地良く眠りにつく方法も様々です。

ストレスで眠れないと感じる事がある場合は、以下を読み進めてみてくださいね。

→眠れないストレスにイライラが爆発!ストレスを減らして心地良い睡眠を取る方法

今回の記事がお役に立てば幸いです。

コメント

  1. […] →お腹が空いて眠れない!夜食を食べるメリットとデメリットを徹底比較 […]

タイトルとURLをコピーしました