気持ち良いくらい爆睡するために行う『睡眠前に意識』をする5つのポイント

快眠アイテム

「あーー、よく寝たぁぁぁ!!!」っていうくらい爆睡することって、大人になるに連れて少なくなってしまいます。

というのも、大人になってからの行動が睡眠の質を大きく下げる結果に繋がってしまうんですね。

ここでは、自由な大人を思う存分楽しみながらも、睡眠の質を劇的に上げて『久々の爆睡』を楽しむための秘訣を解説させて頂きます。

最高の睡眠のためにも、是非とも最後までご覧頂き、1つでも良いので実践してみてくださいね!

【1】夕食後のアルコール、カフェインは禁止

子供がいる家庭であれば、夜に子供を寝かしつけた後が自由時間です。

自由時間には、お酒を飲みながら夫婦で雑談をしたり、コーヒーを飲みながら仕事や自由時間を満喫したい気持ちになると思います。

実際に僕も、子供を寝かしつけた22時〜24時にコーヒーを飲みながらブログを書いたりしていました。

ただ、カフェインもアルコールも、分解されるまでは約4時間です。

体にカフェインやアルコールが入った状態で寝ると、眠りが浅くなり睡眠の質が著しく下がってしまうんですね。

僕自身も、カフェイン摂取した場合とカフェインを我慢した場合で睡眠の質を記録してみたんですが、結果は雲泥の差でした。

寝酒をしないのは勿論のこと、寝る4時間前にはアルコールもカフェインも絶対に摂取しないようにするようにしましょう。

→夜のアルコールが睡眠の質を低下させる理由はこちら

【2】睡眠1時間前はパソコンもスマホもテレビも厳禁

これ、実際に実験してみたらよく分かるんです。

パソコンやスマホなどの画面から発するブルーライトは睡眠ホルモンであるメラトニンを抑制する効果があると言われています。

つまり、ブルーライトで覚醒されるので、入眠の阻害要素になってしまいます。

遅くとも寝る1時間前にはスマホもパソコンもテレビも切って、ストレッチや読書をするなどして、睡眠前にブルーライトを浴びない工夫をする事が大切です。

ちなみに、僕の場合は23時にパソコンもスマホも辞めにして、読書に切り替えるようにしてから睡眠の質が上がったように感じています。

【3】家に帰ったら仕事のことを考えない

会社でやることと家でやることのメリハリをきちんとつける事が大切です。

「明日は会社で・・・」とか「あっ、あの仕事忘れてた!」とか考えると、不安やストレスを引き起こす可能性が高いという研究結果もあります。

会社の仕事は、会社に行った時にやれば良いんです。家で仕事のことを考えても給料は発生しないし、大切な自由時間が削減されてしまいます。

家では、家族と一緒に過ごすことを全力で楽しんだり、はたまた副収入を構築するために別の仕事をするようにしましょう。

仕事とプライベートを完全に切り離せば、不安や悩みが減り睡眠の質が改善されるだけではなく、人生の質も劇的に向上するでしょう。

【4】起きたらすぐに外に出て太陽の光を浴びると誓って眠る

睡眠ホルモンであるメラトニンは、目覚めて太陽の光を浴びてから約16時間後に増え始めると言われています。

早朝7時に太陽の光を浴びれば、23時頃からメラトニンが増え始めるということですね。

つまり、『睡眠の質は朝起きた瞬間から決まっている』という事になります。

朝日を浴びることは体内時計をリセットするという役割もありますので、例え冬の寒い日でも起きた時に朝日を浴びる習慣をつける事が大切です。

【5】好きな音楽でリラックスして眠るのもおすすめ

睡眠前に、リラックスできる曲を聞くのも非常に有効です。

ただ、睡眠前の音楽は以下の事に気をつける必要があります。

注意ポイント
  • テンションが上がる曲は避ける
  • 雨音などリラックス効果がある音でもOK
  • 夜通し音楽を鳴らし続けるのは厳禁

敢えていう必要はないかもしれませんが、テンションが上がる曲を聞くと眠れなくなりますよね。嫌でなければ、血圧を下げたりストレス軽減効果があるクラシックなど音楽が効果的です。

ただ、リラックス効果があるといっても夜通し鳴らし続けるのは厳禁です。睡眠時は音を遮断した方が良いとお伝えしている通りです。

音楽をかける際には、必ずタイマーをセットするようにしましょう。

まとめ

子供の頃は、特別意識せずとも勝手に質の良い睡眠をとっていました。

でも、大人になるにつれて寝ても疲れが取れにくくなり、睡眠について見直す人が非常に多くなってきます。

そこで初めて、睡眠に大切な事が『睡眠前の行為』という事に気付くんですね。

以下に記してある睡眠前の行為こそが、質の良い睡眠には非常に大切だという事です。

  1. 夕食後のアルコール、カフェインは禁止
  2. 睡眠1時間前はパソコンもスマホもテレビも厳禁
  3. 家に帰ったら仕事のことを考えない
  4. 起きたらすぐに外に出て太陽の光を浴びると誓って眠る
  5. 好きな音楽でリラックスして眠るのもおすすめ

あなたに足りないことを積極的に取り入れて、久々の爆睡を体感してみてくださいね!

睡眠の阻害要素を全力で排除すれば、子供のように質の良い睡眠を取り戻す事ができるようになります。

昔は普通に出来てた事なんで、あなたもきっと出来るようになります。

コメント

  1. […] こちらに関しては、気持ち良いくらい爆睡するための睡眠前の5工程で解説していますので、更に詳しく知りたい方は要チェックです。 […]

  2. […] →気持ち良いくらい爆睡するために行う『睡眠前に意識』をする5つのポイ… […]

タイトルとURLをコピーしました