睡眠の質を劇的に向上させるための5つの睡眠環境とは?

快眠アイテム

もっとぐっすり眠れて疲れが取れたら良いのになぁ。

僕らは毎日睡眠を行います。1日に1回、必ず睡眠をとる訳です。

その睡眠の質の違いによって、人生の質が劇的に変わると言っても過言ではありません。

朝目覚めた瞬間にあなたが「今日もだるいな。」と感じているなら要注意です。

ここでは、毎朝スッキリと目覚め、希望に満ち溢れた人生を手に入れるための睡眠環境の作り方をご紹介させて頂きます。

睡眠の質を向上させて、活力に満ち溢れた毎日を過ごすためにも、是非とも本記事をご活用いただけたらと思います。

快眠を手に入れて人生の質を向上させるための7つの睡眠環境

今日の疲れは、今日のうちに取り除く。そのためには、ぐっすりと快眠をする事が非常に大切になります。

次の日に疲れを残さないために大切な7つの睡眠環境は以下になります。

【1】音を遮断する

熟睡するためには、可能な限り音がない部屋が理想的です。

例えば、耳元で蚊が飛んでいる音が聞こえたら飛び起きると思います。これは、防衛本能が働いているからなんですね。

この事実から、人間は寝ていても聴覚が機能している事が分かります。

という事は、音が多ければ多いほど、寝ている時に脳が刺激を受けて睡眠の邪魔をしてしまうんですね。

寝るときは、出来れば部屋の窓を閉めると同時に耳栓をするなどして、可能な限り音を遮断するように工夫する事が大切です。

【2】光を徹底的に遮断する

睡眠時に、部屋を完全に暗くしないで豆球を付けて寝る人も多いと思います。

我が家も、子供が小さいときは寝返りで潰さないように、豆球を付けて寝ていました。

なので、優先順位をつける必要はありますが、寝室は暗い方が良いです。

というのも、暗い部屋でねれば寝るほど、睡眠ホルモンであるメラトニンが多く分泌されて快眠度が上がります。

寝室は遮光カーテンで光を遮り、電気は真っ暗にして、アイマスクなどで完全に光を遮断するようにしましょう。

パートナーが真っ暗な部屋では眠れない体質であれば、アイマスクをするだけでも大きな効果を発揮します。

【3】酸素を取り入れる

一番は、窓を開けて酸素を取り込みながら寝るのが理想的です。

ただ、家が道路沿いなどの理由で、窓を開けると外がうるさい場合があります。窓を開けて寝るのは一長一短です。

ですので、寝る前に窓を開けて酸素を取り入れることをお勧めしています。

睡眠前の5分間でも窓を開けて換気しておけば、部屋が新鮮な空気に入れ替える事ができるので、睡眠前の換気は習慣化する事が大切です。

【4】適切な温度と湿度を保つ

温度に関しては、暖かいよりも涼しい方が理想的です。

一応、夏場の適温は25℃~26℃、冬場は22℃~23℃というデータもありますが、人それぞれ感じ方が違います。

また、適温にしようと思えばエアコンが必要になり、経済的でもないですよね。

部屋は涼しい温度で、そして湿度は乾燥とジメジメの中間だったら問題ありません。

神経質になり過ぎるとストレスで睡眠障害になる可能性もあるので、気にしすぎない事が一番です。

【5】自分にあった枕を選ぶ

枕は、自分好みのもので問題ありません。ただ、仰向けに寝る場合は高過ぎる枕を使うと気道を圧迫して呼吸に影響があるので、低めの枕をおすすめします。

横向きに寝る場合は、寝た時に首がまっすぐになる枕を使うのが理想的です。

もしも、あなたがイビキや歯軋りで悩んでいるのであれば、横向きに寝ることをお勧めします。いびきを克服して安眠を手に入れる方法も合わせてご覧頂けたらと思います。

また、夜間の鼻づまりや鼻水で眠れない場合は、合成素材の枕を避けて羽毛などの低刺激素材の枕を使うことをお勧めします。

【6】自分にあった布団で寝る

硬いマットレスが良いとか、柔らかいマットレスが良いとかありますが、これも好みで良いと思います。

というのも、我が家ではインターネットの情報を鵜呑みにして、10万円の硬いマットレスに変えたんですが、数日使ったのちに妻が腰痛になってしまいました。

なので、これが良いとかあれが良いというのは骨格や体質によって大きく変わってきます。

自分に合った寝具(と寝姿勢)を選ぶ。快適なマットレスと枕は快眠に欠かせませんが、それらが柔らかいか硬いかはあなた次第です。

我が家の場合は、ニトリのNスリープというマットレスを使っています。

厚さが30cm以上のマットレスなので、小さい子供が落ちる危険性はありますが、正直な感想は高級ホテルのベッドよりも寝心地が良いです。

【7】寝室の整理整頓をする

見落とされがちなのが、室内環境です。

実は、アメリカの研究では、『散らかったものに囲まれている人は、睡眠障害になる可能性が高い』というデータも出ています。

散らかったものを片付けるのは勿論のこと、部屋の埃も定期的に除去するようにしましょう。

僕も定期的に部屋を片付けたり、棚や床の清掃をしているのが良いか分かりませんが、夜間の鼻づまりが激減した印象です。

睡眠の質を上げるためには、綺麗な寝室を整えておくことは非常に重要です。

睡眠の質を向上させる事で得られる素晴らしい未来

朝起きて疲れていると、1日の質が劇的に下がります。

「あー、今日もかったるいなぁ。もっと寝たいよう。」って思いながら起きるのって辛いですよね。気分が低下してしまいます。

でも、気分良く起きた時って、モチベーションが高い1日を過ごす事ができますよね。意識してみると分かるんですが、起き方でその日の気分が大きく変わってきます。

言い換えれば、睡眠の質によって1日の質が変わるという事なのです。

あなたが快適な1日を過ごすのも、けだるい1日を過ごすのも、睡眠の質で大きく変わってくるという事を知っておくのは大切です。

充実した毎日で快適な人生を手に入れるためにも、睡眠環境を整えるのは非常に大切になります。

まとめ

快適な睡眠を手に入れるための、7つの睡眠環境の整え方の話をさせて頂きました。

ただ、全部しないと意味がないということはありません。真面目に全部取り入れようと思ったら、それがストレスになってしまいますからね。

なので、出来ることから1つずつ始めてみることをお勧めします。

最初は部屋掃除でも良いし、睡眠前の換気だけでも大丈夫です。枕に悩んでたら枕を交換しても良いです。

以下の項目を再確認して、あなたに必要そうな項目があれば、1つでも取り入れて頂けたらと思います。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

良質な睡眠を手に入れて、人生の質を改善して頂けると嬉しく思います。

コメント

  1. […] ただ、リラックス効果があるといっても夜通し鳴らし続けるのは厳禁です。睡眠時は音を遮断した方が良いとお伝えしている通りです。 […]

タイトルとURLをコピーしました